品質・情報セキュリティに関する取り組み

当社は、医療に関わる企業として、より高いコンプライアンス意識が求められているものと考え、次にご紹介するように『コンプライアンス優先』を掲げて全社で様々な取り組みを行っています。

Our Valueにおける明文化

当社が掲げるOur Valueは、私たちの使命を表すOur Principleとあるべき姿を示すOur Wayで構成されています。
そのOur Wayの6項目のひとつとして『すべてにおいてコンプライアンスを優先します』という指針を掲げています。

コンプライアンス委員会の活動

継続的なコンプライアンス活動を定着させるため、部門横断組織であるコンプライアンス委員会を設置し、事業期ごとに取り組みテーマを決め、それぞれ分科会を立ち上げ活動を行っています。
分科会の活動では『コンプライアンスに関する活動が形骸化していないか?』『目的に対して有効に機能しているか?』といった視点を持ち、日々の事業活動への確実な浸透に結びつけることを意識してテーマと施策を選定しています。

コンプライアンス月間の制定

コンプライアンス活動は通年の取り組みですが、毎年7月をコンプライアンス月間として定め、社外から講師を招いての管理職向けセミナーの開催や全社員向けコンプライアンス研修の実施などを集中的に実施しています。

さまざまな啓発活動

コンプライアンスに関する知識や行動規範をまとめた全社員向けのコンプライアンスガイドブックを作成・配布し、必要な時にはすぐに参照・確認ができるようにしています。
その他にも、コンプライアンスに関する事例の紹介をわかりやすくまとめたメールマガジンを定期的に全社員に配信したり、一つのテーマを深堀りしたセミナーを随時開催するなど、社員が自分を取り巻くコンプライアンスリスクを意識して、単なる知識の習得だけでおわらないような啓発活動を展開しています。

ページの先頭へ